不登校新聞

194号(2006.5.15)

教育基本法改正案に緊急メッセージ

2018年12月04日 17:16 by shiko



 2006年4月28日、教育基本法改正案が国会へ上程された。これを受け文科省は5月8日「教育基本法改正推進本部」(本部長・小坂憲次文科相)を設置した。文科省は成立に向けて、省を挙げて取り組む方針だ。

 教育の理念法である教育基本法が、今国会にも成立する可能性がある。そこで、この教育基本法改正案に向けて、大田堯さん、津田玄児さん、喜多明人さん、斎藤貴男さんからメッセージを寄せてもらった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「生きていることが辛い」不登校の中学生にLINEで調査

507号 2019/6/1

“隠れ不登校”は4人に1人、中学生1万8000人にLINEで調査

507号 2019/6/1

中学生に直接聞いた不登校理由、国の調査と大きな隔たり

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...