不登校新聞

194号(2006.5.15)

教育基本法改正案に緊急メッセージ

2018年12月04日 17:16 by shiko



 2006年4月28日、教育基本法改正案が国会へ上程された。これを受け文科省は5月8日「教育基本法改正推進本部」(本部長・小坂憲次文科相)を設置した。文科省は成立に向けて、省を挙げて取り組む方針だ。

 教育の理念法である教育基本法が、今国会にも成立する可能性がある。そこで、この教育基本法改正案に向けて、大田堯さん、津田玄児さん、喜多明人さん、斎藤貴男さんからメッセージを寄せてもらった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いま不登校支援のあり方が変わる、文科省が新しい通知を発表

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

518号 2019/11/15

不登校は過去最多16万人、統計史上2番目に多い増加

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...