不登校新聞

194号(2006.5.15)

教育基本法改正案に緊急メッセージ

2018年12月04日 17:16 by shiko
2018年12月04日 17:16 by shiko



 2006年4月28日、教育基本法改正案が国会へ上程された。これを受け文科省は5月8日「教育基本法改正推進本部」(本部長・小坂憲次文科相)を設置した。文科省は成立に向けて、省を挙げて取り組む方針だ。

 教育の理念法である教育基本法が、今国会にも成立する可能性がある。そこで、この教育基本法改正案に向けて、大田堯さん、津田玄児さん、喜多明人さん、斎藤貴男さんからメッセージを寄せてもらった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・教員を理由とした不登校 教員と子どもの認識に数十倍の開き【全文公開】

592号 2022/12/15

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…