不登校新聞

496号 2018/12/15

発達障害、薬を飲む必要が本当にあるのか

2018年12月13日 10:18 by kito-shin

 今年の夏合宿に参加した人からの伝聞もあって、先月下旬に鳥取で「発達障害(不登校)と医療の関わり」というテーマで講演する機会があった。

 地元紙に案内が出たこともあり、たくさんの聴衆が来られたが、最近の講演会では百名を超すような人が集まることは少なくなった。

 夏合宿でもそうだったが、発達障害で医療機関に通院している人の割合が多くなっている。

 ADHDなどでは、時と場合によっては投薬がやむ得ないケースも見られるが、ほとんどの場合は薬が必要ないと私は考えている。

 実際に自分を自閉症スペクトラムと公表している人でも内服治療をしていない人も多い。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...