不登校新聞

496号 2018/12/15

フリースクールの学習ってどうなってるの【書籍紹介】

2018年12月13日 10:15 by kito-shin



 フリースクールと呼ばれる居場所は現在、全国に400~500カ所存在すると言われています。

 親御さんに取材をしていても、インターネットの普及もあいまって、「不登校の子どもが通うところ」といった認識が広がっていると感じます。

 ただし、実際に通っている子どもの数は不登校全体の3%という調査結果が出ています。また、一口にフリースクールと言っても、活動理念や取り組みは千差万別である、というのが実状です。

 そんなフリースクールについて、大阪と兵庫で活動する2つの団体が本にまとめました。「居場所」「発達障害」「親のサポート」など、章ごとに解説しています。

 とくに、子どもも親も気になるテーマと言えば「学習」です。学校に行かないことによる教科学習の遅れを気にする子は多く、親にとっても心配のタネだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...