不登校新聞

496号 2018/12/15

「学校へ行く」と言ったのに、朝、起きてこない子どもの本音

2018年12月13日 10:12 by kito-shin



連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.10

 不登校の子どもが「明日は学校へ行こうと思っているから起こしてね」と、母親に言ってくることがあります。

 翌朝、言われた通り起こしに行くものの、ぐっすりと寝ていて一向に起きてこない。

 しかたなくそのまま寝かせておくと、「どうして起こしてくれなかったの」と、子どもが責めたててくる。

 母親からすれば「まったく起きなかったくせに、あとで文句を言うなんて」と、憤りやとまどいを隠せない。そんな話を親の会でもよく聞きます。

 母親からすると、子どもの言動は矛盾しているように映るかもしれません。

 しかし、この場合のポイントは、「子どもの気持ちは、どちらもウソではない」ということです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

516号 2019/10/15

ただ褒めるだけはNG、不登校の子どもへの声掛けのコツ

513号 2019/9/1

「学校へ行かなくても大丈夫」と親が言っても子どもが安心しない理由

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...