不登校新聞

496号 2018/12/15

フリースクール代表が解説、子どもが「安心」に至るプロセス

2018年12月13日 10:13 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.2

 不登校の子どもに対しては「まずは子どもが安心することが先決」だと言われることは少なくありません。

 新学習指導要領にも「安心」は不登校対応の重要なキーワードとして登場します。

 いかにして子どもが安心するのか、その方法は「不安を解消することだ」という印象は強いようです。

 つまり「不安解消=安心獲得」という図式を(大人は)描きやすいのではないでしょうか。

不安の解消と直結しない安心

 私たちの「函館圏フリースクールすまいる」では、フリースクールを利用する前に面談をお願いしています。

 親子で面談を受けていると最初に饒舌になるのはほとんど保護者のほうです。

 ある面談では、お母さんから「フリースクールではどんな活動をされていますか」と聞かれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

休み明けだからこそ、親の思いを伝えて フリースクール代表の思い

513号 2019/9/1

不登校の子の夏休みの過ごし方 保護者にとって大事なコツは

511号 2019/8/1

将来がわからないのに「学校を休んで」なんて言えません。フリースクール代表の回答は

510号 2019/7/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...