不登校新聞

496号 2018/12/15

フリースクール代表が解説、子どもが「安心」に至るプロセス

2018年12月13日 10:13 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.2

 不登校の子どもに対しては「まずは子どもが安心することが先決」だと言われることは少なくありません。

 新学習指導要領にも「安心」は不登校対応の重要なキーワードとして登場します。

 いかにして子どもが安心するのか、その方法は「不安を解消することだ」という印象は強いようです。

 つまり「不安解消=安心獲得」という図式を(大人は)描きやすいのではないでしょうか。

不安の解消と直結しない安心

 私たちの「函館圏フリースクールすまいる」では、フリースクールを利用する前に面談をお願いしています。

 親子で面談を受けていると最初に饒舌になるのはほとんど保護者のほうです。

 ある面談では、お母さんから「フリースクールではどんな活動をされていますか」と聞かれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

522号 2020/1/15

「不登校の親の特徴とは」現場で働く人から言えること

521号 2020/1/1

祖父母と子供の板挟みにあう帰省、フリースクール代表からの助言は

520号 2019/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...