不登校新聞

496号 2018/12/15

フリースクール代表が解説、子どもが「安心」に至るプロセス

2018年12月13日 10:13 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.2

 不登校の子どもに対しては「まずは子どもが安心することが先決」だと言われることは少なくありません。

 新学習指導要領にも「安心」は不登校対応の重要なキーワードとして登場します。

 いかにして子どもが安心するのか、その方法は「不安を解消することだ」という印象は強いようです。

 つまり「不安解消=安心獲得」という図式を(大人は)描きやすいのではないでしょうか。

不安の解消と直結しない安心

 私たちの「函館圏フリースクールすまいる」では、フリースクールを利用する前に面談をお願いしています。

 親子で面談を受けていると最初に饒舌になるのはほとんど保護者のほうです。

 ある面談では、お母さんから「フリースクールではどんな活動をされていますか」と聞かれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「少しだけでも学校へ」の一言が地雷、登校圧力はなぜリスクなのか

506号 2019/5/15

不登校だと成績表はどうなるのか、意外と知られていない評価の仕方

505号 2019/5/1

親も教師もカン違いしています。子どもが学校を休み始めたら「もう限界」なんです

504号 2019/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...