不登校新聞

496号 2018/12/15

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

2018年12月13日 10:48 by kito-shin



 福岡市在住の林智恵さんは、新しい不登校の親の会を立ち上げた。名前は「Fleurir(フルリール)」。「花が咲く」という意味だ。会のコンセプトは「とにかく楽しむこと」だと言う。

――会の成り立ちから教えてください。

 私はもともと、「シャイン」という親の会を運営していました。「シャイン」ではLINEグループを使って不登校ママたちが日々やりとりをしています。

 しかし会を続けていくうちに、せっかく知り合ったんだし、もっと楽しいことをしたい、という思いがメンバーのなかから出てきたんです。

 そこで「シャイン」の運営も継続しながら、知り合ったメンバー2名と新しい親の会「Fleurir(フルリール)」を立ち上げました。

――コンセプトが「楽しむこと」というのは?

 「お母さんが楽しまなきゃ子どもも楽しめないよ」という思いからです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...