不登校新聞

496号 2018/12/15

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

2018年12月13日 10:48 by kito-shin



 福岡市在住の林智恵さんは、新しい不登校の親の会を立ち上げた。名前は「Fleurir(フルリール)」。「花が咲く」という意味だ。会のコンセプトは「とにかく楽しむこと」だと言う。

――会の成り立ちから教えてください。

 私はもともと、「シャイン」という親の会を運営していました。「シャイン」ではLINEグループを使って不登校ママたちが日々やりとりをしています。

 しかし会を続けていくうちに、せっかく知り合ったんだし、もっと楽しいことをしたい、という思いがメンバーのなかから出てきたんです。

 そこで「シャイン」の運営も継続しながら、知り合ったメンバー2名と新しい親の会「Fleurir(フルリール)」を立ち上げました。

――コンセプトが「楽しむこと」というのは?

 「お母さんが楽しまなきゃ子どもも楽しめないよ」という思いからです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「登校すると体にじんましん」小1から不登校の息子が求めていたのは学び

501号 2019/3/1

長男の不登校、なにひとつムダなことはなかった【母親手記】

195号(2006.6.1)

高校進学に伴い姉妹とも身体に症状 危機を乗り切った原則とは

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...