不登校新聞

193号(2006.5.1)

ひといき

2018年12月18日 16:47 by shiko



 親知らずを抜いた。5年ほど前に虫歯になったのだが、いまのかかりつけの歯医者さんはいいお医者さんで、患者の意思を尊重してくれる。

 お医者さんは抜歯を勧めていたが、私が抜かれるのが怖いものだから、虫歯になっても治療をしてくれた。

 しかし、またそこが虫歯になってしまったらしく、ここ2、3日くらい、痛くて痛くて、物も食べられない状態に。どうしても耐えられなくなり、歯医者へ行った。

 昔から歯医者は苦手である。でも勇気をふりしぼって。今度は抜かれることはまちがいない。

 ゴリッとやられた。思ったほど痛くはなかったけれど、当分アルコールが飲めないのはつらかった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...