不登校新聞

193号(2006.5.1)

ひといき

2018年12月18日 16:47 by shiko



 親知らずを抜いた。5年ほど前に虫歯になったのだが、いまのかかりつけの歯医者さんはいいお医者さんで、患者の意思を尊重してくれる。

 お医者さんは抜歯を勧めていたが、私が抜かれるのが怖いものだから、虫歯になっても治療をしてくれた。

 しかし、またそこが虫歯になってしまったらしく、ここ2、3日くらい、痛くて痛くて、物も食べられない状態に。どうしても耐えられなくなり、歯医者へ行った。

 昔から歯医者は苦手である。でも勇気をふりしぼって。今度は抜かれることはまちがいない。

 ゴリッとやられた。思ったほど痛くはなかったけれど、当分アルコールが飲めないのはつらかった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...