不登校新聞

193号(2006.5.1)

ひといき

2018年12月18日 16:47 by shiko



 親知らずを抜いた。5年ほど前に虫歯になったのだが、いまのかかりつけの歯医者さんはいいお医者さんで、患者の意思を尊重してくれる。

 お医者さんは抜歯を勧めていたが、私が抜かれるのが怖いものだから、虫歯になっても治療をしてくれた。

 しかし、またそこが虫歯になってしまったらしく、ここ2、3日くらい、痛くて痛くて、物も食べられない状態に。どうしても耐えられなくなり、歯医者へ行った。

 昔から歯医者は苦手である。でも勇気をふりしぼって。今度は抜かれることはまちがいない。

 ゴリッとやられた。思ったほど痛くはなかったけれど、当分アルコールが飲めないのはつらかった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

540号 2020/10/15

ひといき

540号 2020/10/15

森の喫茶店 第540号

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。