不登校新聞

193号(2006.5.1)

ひきこもり対策の登場 不登校の歴史vol.193

2018年12月18日 16:50 by shiko




 「ひきこもり」は、70年代・80年代には「閉じこもり」と言われた。多くの登校拒否の子どもたちが閉じこもりも同時に体験していた。

 親の会では、まったくめずらしい話ではなく、登校拒否を理解することは、閉じこもりを理解することだった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

540号 2020/10/15

ひといき

540号 2020/10/15

森の喫茶店 第540号

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。