不登校新聞

193号(2006.5.1)

フリースクールスタッフの仕事【新潟県】

2018年12月18日 17:27 by shiko
2018年12月18日 17:27 by shiko



 子どもを相手にする仕事はいろいろあると思いますが、「学校の先生」と「親」という仕事は子どもに大きな影響を与えています。

 それと、もう一つ「フリースクールのスタッフ」は、その中間にあり、難しく、大事な立場の仕事です。

 フリースクールの人件費がわずかなことは知られていますが、まずスタッフとして求められるのは「ハート」です。報酬が少なくても、長い時間、子どもを相手にできる特別な人です。

 フリースペースやフリースクールなどに子どもをあずけるというのは、親にとっての助けにもなります。

 でも、フリースクールのスタッフは、ベビーシッターではありません。先生でもないし、親でもない。

 私たち国際フリースクール「I CAN」のスタッフは「コーチ」みたいな存在でしょうか。

 スポーツ社会では、コーチはアスリートのベストをひき出すためにいろいろ工夫します。

 コーチは「フィードバック(参考意見)」を本人に伝え、よりよい「トレーニング」の方法を提供します。そして、本人といっしょに喜んだり、苦しんだりします。

 フリースクールは学校とちがって、パフォーマンス(成果)は強制しません。

 テストの採点結果といった見えやすい結果はありませんが、子どもはそれぞれの生活のなかで「チャレンジ」をしようとしています。

 コーチは、そのチャレンジの「成功」をいっしょに目指します。

 英語で「Modeling(モデリング)」という言葉があります。つまり、大人がいい例を見せること。

 子どもや若い人たちが、言葉と行動が矛盾している大人を見たとき、大きな疑問や傷を持つこともあります。

 私たちの「I CAN」では、子どもに伝えたい12の「価値観」をスタッフを通し、いい例として見せていくことが一番大事な仕事だと思っています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…