不登校新聞

193号(2006.5.1)

職員会議での採決は不適切 都教委が通知

2018年12月18日 17:30 by shiko



 2006年4月13日、東京都教育委員会は、職員会議で、挙手や採決によって職員の意思確認を行なわないよう指示する通知を都立高校(全263校)に出した。

 00年に文科省が「職員会議は意思決定権を持たない」との通知を出していたが、自治体から具体的に挙手や採決について通知が出されたのは初めてのこと。

 東京都教職員組合らは「強権的な上意下達の体制になる」と危惧の声をあげている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小学生のいじめが減少傾向に。国立教育政策研究所

563号 2021/10/1

通信制高校の生徒数が3年連続で過去最多を更新【文科省速報】

562号 2021/9/15

不登校新聞からの緊急アピール 「行きたくない」は命のSOS

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...