不登校新聞

193号(2006.5.1)

職員会議での採決は不適切 都教委が通知

2018年12月18日 17:30 by shiko
2018年12月18日 17:30 by shiko



 2006年4月13日、東京都教育委員会は、職員会議で、挙手や採決によって職員の意思確認を行なわないよう指示する通知を都立高校(全263校)に出した。

 00年に文科省が「職員会議は意思決定権を持たない」との通知を出していたが、自治体から具体的に挙手や採決について通知が出されたのは初めてのこと。

 東京都教職員組合らは「強権的な上意下達の体制になる」と危惧の声をあげている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…