不登校新聞

193号(2006.5.1)

16歳に聞いた不登校インタビュー

2018年12月18日 17:31 by shiko




―不登校はいつから?

 小学校2年生のとき。理由は学校の友だちとの関係が合わなくなってたからかな。しばらくして東京シューレに通うようになった。

 最初のうちは学校に行きながらシューレにも通っていたけど、小3から、完全に学校へ行かなくなった。

 シューレは学校とちがって縛られていないところが好きかな。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...