不登校新聞

193号(2006.5.1)

16歳に聞いた不登校インタビュー

2018年12月18日 17:31 by shiko
2018年12月18日 17:31 by shiko




―不登校はいつから?

 小学校2年生のとき。理由は学校の友だちとの関係が合わなくなってたからかな。しばらくして東京シューレに通うようになった。

 最初のうちは学校に行きながらシューレにも通っていたけど、小3から、完全に学校へ行かなくなった。

 シューレは学校とちがって縛られていないところが好きかな。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「寄り添う」の落とし穴 大学准教授が語る「してあげる」でなく「いっしょに考える」大切さ

595号 2023/2/1

在籍生徒の8割が不登校経験者という学校の校長が語る「これからの学校」【全文公開】

593号 2023/1/1

生きるとは夢中を探すこと 歌人・俵万智が子どもたちへ届けたい思い

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…