不登校新聞

193号(2006.5.1)

16歳に聞いた不登校インタビュー

2018年12月18日 17:31 by shiko




―不登校はいつから?

 小学校2年生のとき。理由は学校の友だちとの関係が合わなくなってたからかな。しばらくして東京シューレに通うようになった。

 最初のうちは学校に行きながらシューレにも通っていたけど、小3から、完全に学校へ行かなくなった。

 シューレは学校とちがって縛られていないところが好きかな。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

嫌なことはしないで生きる「レンタルなんもしない人」の覚悟

524号 2020/2/15

不登校した19歳がインタビュー、いじめとの向き合い方教えて

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。