不登校新聞

497号 2019/1/1

ひといき

2018年12月23日 14:33 by kito-shin

 時間の流れは不可逆なのに、季節はめぐる。子どものころから、そのことが不思議でならなかった。

 イメージとして言えば、直線なのか円環なのか。そう言えば、時間の基準は、1年とか1日とか、地球の円周的な動きに拠っている。

 忘年会では、1年のくさぐさは忘れ去って、きれいさっぱり新年を迎えたいと思うが、忘れ去ったつもりのものも、めぐりめぐって還ってくることがある。ちょうど、ゴミとして捨て去ったものが、環境問題として還ってくるように。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...