不登校新聞

497号 2019/1/1

ひといき

2018年12月23日 14:33 by kito-shin

 時間の流れは不可逆なのに、季節はめぐる。子どものころから、そのことが不思議でならなかった。

 イメージとして言えば、直線なのか円環なのか。そう言えば、時間の基準は、1年とか1日とか、地球の円周的な動きに拠っている。

 忘年会では、1年のくさぐさは忘れ去って、きれいさっぱり新年を迎えたいと思うが、忘れ去ったつもりのものも、めぐりめぐって還ってくることがある。ちょうど、ゴミとして捨て去ったものが、環境問題として還ってくるように。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...