不登校新聞

497号 2019/1/1

馳浩ブログから 不登校の歴史vol.497

2018年12月23日 17:13 by kito-shin

 2015年7月30日、第7回多様な教育機会確保法立法チームが開催された。ここは、座長の馳浩衆議院議員のブログ「はせ日記」を紹介して、ようすを知っていただこうと考える。

    *   *   *

 これまでの意見交換を踏まえて練り上げた条文をお示しし、意見交換。文部科学省より『形式卒業生も夜間中学に入れる』との通知を本日発出した、と報告あり。この活動をしてきてよかった。現状打破に一助となったわけだ。

 そして、条文化に向けては、個別学習計画の認定という手続きが、議員間での論点となる。就学義務の特例をつくる以上は、それに代わる公教育の担保が必要。そんなに高いハードルにしてはならないし、さりとて、何をしてもいいというわけにはいかない。

 現行のフリースクールを支援できるようにもすべきだし、まずは子どもの学習権の確保が重要。

 それ以前に、そもそも、不登校児を生み出さないような学校教育や、教育委員会の支援が必要。さて。(「はせ日記」より)

 *   *   *

 立法チームによる検討会議の第8回は、8月6日に開催された。引き続き、馳議員のブログを紹介する。

 *   *   *

 15時00分、第8回多様な教育機会確保法(仮称)の条文審査。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...