不登校新聞

497号 2019/1/1

不登校をしている子は学校を休むと家でもサバイバルです

2019年01月04日 10:40 by shiko



作者・りゃこさんの不登校をコミックエッセイにした「私の不登校ものがたり」です。



 学校を休んだ日は、私が下の階、母親が上の階ですごしていることが多かったです。

 母親と言葉を交わすことが少なかったので「怒ってるのかな? いま何を考えてるんだろう」と、ようすがとても気になりました。

 こちらから何か話しかけたらよかったのかもしれませんが、「もしかしたら機嫌が悪いかもしれない。怒られたらどうしよう」と思い、アクションを起こすことが出来ませんでした。

 クラスからの手紙は、先生の呼びかけで書いてくれたと思うのですが、自分のために手紙を書く時間を取らせたということが少し重かったです。

 「乗り気じゃないのに書いてくれた人もいるかもしれない」「書く内容に困ったかもしれない」と想像することもあって、申し訳ないような、複雑な気持ちになりました。

■著者近影


【プロフィール】
1989年生まれ。小1から高3まで不登校。自身の不登校を漫画にして、ツイッターで発表している(@ryakoko)。漫画は2018年、朝日新聞のWEB企画「with news」にて、入賞作品に選ばれた。

関連記事

「全日制の高校に行ってみよう」高校進学に悩んだ際の私の決め手

502号 2019/3/15

「いつもゴメン」同級生からの手紙に不登校の子が困ってる理由

501号 2019/3/1

ひとりで電車に乗るという冒険、できることが増えてうれしかった

500号 2019/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...