不登校新聞

497号 2019/1/1

不登校をしている子は学校を休むと家でもサバイバルです

2019年01月04日 10:40 by shiko



作者・りゃこさんの不登校をコミックエッセイにした「私の不登校ものがたり」です。



 学校を休んだ日は、私が下の階、母親が上の階ですごしていることが多かったです。

 母親と言葉を交わすことが少なかったので「怒ってるのかな? いま何を考えてるんだろう」と、ようすがとても気になりました。

 こちらから何か話しかけたらよかったのかもしれませんが、「もしかしたら機嫌が悪いかもしれない。怒られたらどうしよう」と思い、アクションを起こすことが出来ませんでした。

 クラスからの手紙は、先生の呼びかけで書いてくれたと思うのですが、自分のために手紙を書く時間を取らせたということが少し重かったです。

 「乗り気じゃないのに書いてくれた人もいるかもしれない」「書く内容に困ったかもしれない」と想像することもあって、申し訳ないような、複雑な気持ちになりました。

■著者近影


【プロフィール】
1989年生まれ。小1から高3まで不登校。自身の不登校を漫画にして、ツイッターで発表している(@ryakoko)。漫画は2018年、朝日新聞のWEB企画「with news」にて、入賞作品に選ばれた。

関連記事

わたしの不登校ものがたり【最終回】

507号 2019/6/1

だんだんと高校を休みがちに、そのとき私が考えていたこと

506号 2019/5/15

5月の連休明けから体調不良、不登校になっていった私の心境

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...