不登校新聞

497号 2019/1/1

不登校をした美容師だから気をつけている世間話のコツ

2018年12月25日 14:36 by kito-shin




 「質問してくる美容師が苦手」、という人は多い。美容師の言い分も聞かねばと、不登校経験者であり、美容室AVENIR我孫子店スタッフの吉澤智洋さんに話を聞いた。吉澤さんは外出困難者のための訪問美容サービスや、不登校・ひきこもりの人にカット、ファッションなどを通じて自信を手にいれてもらう「ビューティフルライフプロジェクト」を主催している。

 * * *

 美容師は基本的に、お客さんと仲よくなりたいんです。だからお客さんを知るためにいろいろ質問しちゃうんです。

 まずかんたんな質問や話題を出して、お客さんがのってくるかどうかを見る。そして、お客さんから話し始めたら、聞き役にまわる。話をしないようなら、黙々と作業をする。これがよくあるかたちです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...