不登校新聞

497号 2019/1/1

不登校をした美容師だから気をつけている世間話のコツ

2018年12月25日 14:36 by kito-shin




 「質問してくる美容師が苦手」、という人は多い。美容師の言い分も聞かねばと、不登校経験者であり、美容室AVENIR我孫子店スタッフの吉澤智洋さんに話を聞いた。吉澤さんは外出困難者のための訪問美容サービスや、不登校・ひきこもりの人にカット、ファッションなどを通じて自信を手にいれてもらう「ビューティフルライフプロジェクト」を主催している。

 * * *

 美容師は基本的に、お客さんと仲よくなりたいんです。だからお客さんを知るためにいろいろ質問しちゃうんです。

 まずかんたんな質問や話題を出して、お客さんがのってくるかどうかを見る。そして、お客さんから話し始めたら、聞き役にまわる。話をしないようなら、黙々と作業をする。これがよくあるかたちです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「最低限の安心がほしかった」、不登校の私が高認受験した理由

531号 2020/6/1

「自分にあった学び方や働き方を選べる社会」を僕はつくりたい

531号 2020/6/1

体験したからわかる充電の意味、勉強を始めるその前に大事なこと

531号 2020/6/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...