不登校新聞

192号(2006.4.15)

ひといき

2019年01月08日 15:24 by shiko
2019年01月08日 15:24 by shiko



 今回発行の号以降、スタッフをやめることになりました。関わり始めてから7年半経ってしまいました。ちょっと振り返ると……たんなる「職場」ではなく、自分のいられる、なくてはならない場所でした。

 関わり始めたのはたまたまでしたが、やめるときもあまり「やめる」という感じではない。自然に、次の行動に移るような感じがしています。

 それから、この欄に書くだけでも全国の方が読んでいる。すごいことだと思うし、それが自分の自信にもなった気がしています。

 ひとまず区切りとして、みなさんにお礼を言いたいです。
(大阪編集局・町田道代)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

590号 2022/11/15

編集後記

590号 2022/11/15

不登校・ひきこもりイベント情報「支援者向け研修会」開催へ

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…