不登校新聞

192号(2006.4.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

2019年01月08日 15:52 by shiko



Q. 子どもたちにとっての進級・進学の季節は、担任の教師や校長、教頭などの人事異動の季節でもあります。新任教師のために、面談しなければならない親も多いと思います。新しい担任に替わる際、うまく前任の教師から引き継ぎがなされていないケースも聞かれます。新しい担任に子どもの気持ちやこちらの要望をうまく伝えるにはどのような方法があるでしょうか。(編集部)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...