不登校新聞

192号(2006.4.15)

中国の不登校「逃学」を調査旅行

2019年01月08日 16:09 by shiko


 

 2006年4月1日から1週間、中国へ教育調査に出かけた。

 シューレ大学の不登校研究会では、6~7年前から、東アジアに目を向け、日本、韓国、台湾の不登校やオルタナティブ教育の状況を調査し、共通点や独自性を研究してきている。残る中国だが、まだほとんどわかっておらず、思いきって一行10人で出かけた。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...