不登校新聞

498号 2019/1/15

「お子さんと関わってください」担任の先生に言われたときに読む本

2019年01月15日 16:59 by kito-shin



 親にとって「学校とどう付き合っていくのか」というのは難しい問題です。

 とくに、子どもが不登校になると、学校の対応にモヤモヤすることも増えてきます。「家ですごすわが子と日々どう向き合うか」という問題と同様に心を砕いている方もいるかと思います。

 毎朝の欠席連絡は心が重くなるし、校長や担任が替われば、学校に行かない理由を再度説明しなければいけない。担任によっては家庭訪問を強く求めてくることもあります。

 とはいえ、「いつか学校に戻るかも」という期待感がある場合、学校との関係を完全に断ち切れば万事解決すると、単純に割り切れるものでもありません。

 そんな学校や先生とのあいだでの困りごとに、親はどう向き合ったらよいのか。そのヒントが詰まっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...