不登校新聞

498号 2019/1/15

「お子さんと関わってください」担任の先生に言われたときに読む本

2019年01月15日 16:59 by kito-shin



 親にとって「学校とどう付き合っていくのか」というのは難しい問題です。

 とくに、子どもが不登校になると、学校の対応にモヤモヤすることも増えてきます。「家ですごすわが子と日々どう向き合うか」という問題と同様に心を砕いている方もいるかと思います。

 毎朝の欠席連絡は心が重くなるし、校長や担任が替われば、学校に行かない理由を再度説明しなければいけない。担任によっては家庭訪問を強く求めてくることもあります。

 とはいえ、「いつか学校に戻るかも」という期待感がある場合、学校との関係を完全に断ち切れば万事解決すると、単純に割り切れるものでもありません。

 そんな学校や先生とのあいだでの困りごとに、親はどう向き合ったらよいのか。そのヒントが詰まっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...