不登校新聞

498号 2019/1/15

不登校のわが子、いつまで待てば、フリースクール代表の「待ち方」

2019年01月15日 17:02 by kito-shin



連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.3

 不登校についての相談を受けていて、ものすごく多い質問が「いつまで待てばいいのか」というものです。

 自分の子どもの不登校が続くなかで、その質問が生まれてくる親のつらい心情も理解できます。

 そんな保護者の多くが待っているのは、おそらく子どもが「(楽しく学校に行っていた)元のころ」に戻ることかな、と思います。

 それは、学校の先生が使う「待つ」という言葉からも、そのニュアンスが伝わってきます。

 とくに、中学校の場合は、3年間という時間制限や、現実問題として高校進学とも密接な関係があるので、子どもはもちろんのこと、大人たちも、焦りのなかにいることを感じとることができます。

 「函館圏フリースクールすまいる」では、利用者の在籍校と連携するなかで、事前に子どもの了承を得たうえで先生が活動のようすを見に来ることがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親も教師もカン違いしています。子どもが学校を休み始めたら「もう限界」なんです

504号 2019/4/15

「4月から学校へ行くよ」と宣言、子どもの背景にある2つのパターン

503号 2019/4/1

「ゲームさえ止めてくれたら」子どもにそう思ったときに読んでみてください

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...