不登校新聞

498号 2019/1/15

日常はやり過ごせても将来は不安、不登校の娘を支えるための言葉

2019年01月15日 16:55 by kito-shin



連載「不登校からの母親日記」vol.5

 学校を休むと、どんどん勉強が遅れるという不安はあった。しかし大幅に遅れると「理科や社会はどうでもいい、とりあえず、漢字の読み書きと計算ができればいいか」と思えるようになった。

 家で勉強することもできるが、親子で勉強を進めることは意外と難しい。「え? わからないの!」平気で私はそういう態度をとってしまう。

 そうすると娘はプン! とふくれて、もう勉強が続かない。あ~、しんどい。

 それなら「今しかできないことをしよう」 と考えた。好きな場所に出かけて、楽しい体験をする。娘の気持ちを外の世界に向けさせたかったのかもしれない。

 まずは、知っている人に会わずにすむ遠くのスーパーへ。「今夜は何にする?」「明日は何を食べていたい?」とおしゃべりを楽しみながらの買い物。

 「クッキーをつくってみたいな~」と言われれば、「キッチンを汚すんでしょ、後片付けまでしてよね」という言葉をぐっと飲み込み、小麦粉やチョコチップを探した。

 川を渡って隣町に車を走らせれば、馬事競技の厩舎がある。一番小さな馬に「べにお」と名づけ、落ちている切り藁を手に取って食べさせた。べにおの瞳は優しく、娘の心を癒やしてくれた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学校も休みがちに【不登校からの母親日記】

504号 2019/4/15

「明日からはきっと大丈夫」娘が送った不登校からの中学生活

503号 2019/4/1

「行こうと思う、けど行けない」葛藤する娘の心の変化とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...