不登校新聞

498号 2019/1/15

「夫が不登校を理解しない」逃げ場のない自宅で有効な方法とは

2019年01月15日 16:57 by kito-shin



連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.11

 長男が不登校をしていたころ、つらそうにしているようすを見ていて「今すぐどこかに通うことは無理だ、とにかく家でおだやかにすごさせたい」と思いました。

 しかし、私の夫、つまり長男の父親はそうではなかったのです。夫はもともと、子どもや私のことを叱ることはあっても、ほめるようなタイプの人ではありませんでした。

 長男は、生気のないようすでテレビをぼうっと観ているかと思えば、不安から家のなかを歩きまわったりしていました。それを見た夫が舌打ちをすることもしょっちゅうありました。

 夫の視線を敏感に感じ取ったからか、長男はおびえたり、イライラしたりと、まったく落ち着かない日々をすごしました。

 そのうち、夫が仕事から帰ってくると、自分の部屋にこもるようになりました。

 2階の壁を殴って穴をあけてしまうこともあり、家のなかは四六時中、ピリピリとした空気が流れていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行く」と言ったのに、朝、起きてこない子どもの本音

496号 2018/12/15

不登校は「お母さんのせいだ」子どもから言われ刺さった一言

493号 2018/11/1

子どもが不登校になったとき 親にできる「居場所」の見つけ方

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...