不登校新聞

498号 2019/1/15

「夫が不登校を理解しない」逃げ場のない自宅で有効な方法とは

2019年01月15日 16:57 by kito-shin
2019年01月15日 16:57 by kito-shin



連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.11

 長男が不登校をしていたころ、つらそうにしているようすを見ていて「今すぐどこかに通うことは無理だ、とにかく家でおだやかにすごさせたい」と思いました。

 しかし、私の夫、つまり長男の父親はそうではなかったのです。夫はもともと、子どもや私のことを叱ることはあっても、ほめるようなタイプの人ではありませんでした。

 長男は、生気のないようすでテレビをぼうっと観ているかと思えば、不安から家のなかを歩きまわったりしていました。それを見た夫が舌打ちをすることもしょっちゅうありました。

 夫の視線を敏感に感じ取ったからか、長男はおびえたり、イライラしたりと、まったく落ち着かない日々をすごしました。

 そのうち、夫が仕事から帰ってくると、自分の部屋にこもるようになりました。

 2階の壁を殴って穴をあけてしまうこともあり、家のなかは四六時中、ピリピリとした空気が流れていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

516号 2019/10/15

ただ褒めるだけはNG、不登校の子どもへの声掛けのコツ

513号 2019/9/1

「学校へ行かなくても大丈夫」と親が言っても子どもが安心しない理由

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…