不登校新聞

499号 2019/2/1

子どもの権利に尽力された大田尭さんの功績

2019年02月01日 10:18 by kito-shin



 大田堯さんが亡くなられた。直接お話する機会はなかったが、講演や著書を通じて、子どもの権利を守る立場を貫いてこられた人だということが印象に残っている。

 一番印象に残っているのは、ポーランドの小児科医で著名な作家でもあったヤヌルシュ・コルチャックを紹介されたことだ。

 コルチャックは、第二次世界大戦中、ユダヤ人であることから、最後はユダヤ人の子どもたちを引き連れて、ナチスのトレプリンカ収容所に入り、子どもたちとともにガス室で命を絶った。

 彼自身は、それまでの功績により難を逃れる機会はあったが、けっして子どもたちを見離すことはなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...