不登校新聞

499号 2019/2/1

子どもの権利に尽力された大田尭さんの功績

2019年02月01日 10:18 by kito-shin



 大田堯さんが亡くなられた。直接お話する機会はなかったが、講演や著書を通じて、子どもの権利を守る立場を貫いてこられた人だということが印象に残っている。

 一番印象に残っているのは、ポーランドの小児科医で著名な作家でもあったヤヌルシュ・コルチャックを紹介されたことだ。

 コルチャックは、第二次世界大戦中、ユダヤ人であることから、最後はユダヤ人の子どもたちを引き連れて、ナチスのトレプリンカ収容所に入り、子どもたちとともにガス室で命を絶った。

 彼自身は、それまでの功績により難を逃れる機会はあったが、けっして子どもたちを見離すことはなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

協力者会議の最終報告 不登校の歴史vol.508

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

508号 2019/6/15

報道される側になって感じたセーフティネット【編集後記】

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...