不登校新聞

499号 2019/2/1

おおいなる議論 不登校の歴史vol.499

2019年01月29日 12:41 by kito-shin



 2015年8月11日の合同議連は、馳座長試案をめぐって、活発というか激しくというか、おおいなる議論が行なわれた。とくに、親が学校で就学義務を果たす法律になっている点をどうしていくのか。

 実際にフリースクールや家庭で成長している実態を認め支援する方法として、「個別学習計画を子どもと保護者で提出、居住地の市町村教育委員会に認められたら、学習支援、経済支援が受けられ、保護者は義務を履行したとみなす」という馳案に盛り込まれた提案が焦点になった。

 「希望者が多様な学びを選べるなら、それもいいのではないか」と思ったが、「フリースクールがないところはどうするのか」「市町村にフリースクール設置義務を負わせるのか、適応指導教室すら全国にないなかでそれはできない」「修了認定はどうするのか」などの意見が出た。

 また、経済支援では、「バウチャーの考えはどうか」「フリースクールに公的支援を出す場合、日本国憲法にある『公の支配』との関係性はどうなるのか」という意見も出た。それに絡んで「食い物にする学習塾などが出るのでは」などの懸念も出された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...