不登校新聞

499号 2019/2/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

2019年02月01日 10:10 by koguma
2019年02月01日 10:10 by koguma



 17年度、精神疾患を理由に休職した公立学校の教員は5077人と、4年ぶりに増加したことが文科省の調査でわかった。

 病気休職者全体の65・1%を占め、この10年でもっとも高い割合だ。精神疾患による休職教員は、92年度には1111人だったが、08年度には5000人を超えた。以降、毎年5000人前後で推移している。

 学校種別で見ると、「小学校」2333人、「中学校」1384人、「高等学校」742人だった。在職者数全体の割合を見ると「小学校」0・57%、「中学校」0・59%、「高等学校」0・40%だ。

 職種別にみると、「教諭等」が4681人。「養護教諭等」132人、「主幹教諭等」80人と比べても、担任などを持つ現場の教員が突出して多いことがわかる。

 休職期間で見ると、「6カ月未満」1697人(33・4%)がもっとも多い一方、「2年以上3年未満」598人(11・8%)、「3年以上」71人(1・4%)となっており、休職期間が長期に及んでいる教員が1割以上いるのが実状だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

物議を醸した東近江市長の発言 不登校の歴史から考える差別や偏見に立ち向かうために必要なこと

614号 2023/11/15

いじめがきっかけで不登校に 学校と生徒で「認知差85倍」の理由【全文公開】

613号 2023/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…