不登校新聞

499号 2019/2/1

「担任が娘を見てくれていない」私が不登校対応を諦めた小学校

2019年02月01日 10:08 by shiko



連載「不登校からの母親日記」vol.6

 小学5年生の秋、娘は休みたいと言い始めた。どうも女の子どうしのトラブルが起こっているらしい。なんとかなだめて登校させたが、心配だったので担任に「ようすを見てほしい」と伝えた。

 わが子が学校へ行くということは、子どもを人質に取られるということだ。下手に担任の気持ちを逆なでするような言い方をすると、子どもにとばっちりが降りかかるかもしれない。

 「娘が〇〇さんに何か言われたようなので調べていただけますか?」とさらっと電話でお願いした。

 電話をかけて3日が経ったが担任から返事はない。4日後のクラス懇談会で学校へ出向いたとき、再度尋ねると当人には「聞いていない」とのこと。

 担任の表情からはまったく調べる気はないように見えた。「え? 3日も前の話ですよ! 友だちとのトラブルが原因で窓から飛び降りることがあるかもしれない。それが心配でお伝えしたんです」。

 本心を言ってしまった。そこまで言っても担任は調べることもなく、当然、回答もなかった。

子どもたちから声が上がっても

 クラスの男子から「沢潟が来ないのは、誰かがいじめてるんじゃないのか」との声があがったそうだが、それでも担任は、動かなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学校も休みがちに【不登校からの母親日記】

504号 2019/4/15

「明日からはきっと大丈夫」娘が送った不登校からの中学生活

503号 2019/4/1

「行こうと思う、けど行けない」葛藤する娘の心の変化とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...