不登校新聞

499号 2019/2/1

ひきこもりメンヘラニートな私が恋愛してみた結果

2019年02月01日 10:06 by motegiryoga



 伊藤友子さん(仮名)は、最近、自分に縁がないと思っていた「恋愛」に救われているという。戸惑いながらも「悪くない」という複雑な気持ちを書いてもらった。

 こんにちは。アラフォー独身メンヘラ女です。不登校、ひきこもり経験を経て、今は実家で暮らしながら、作業所とデイケアに通っています。

 そんな私に、ひょんなことから恋愛なんてものが訪れました。正直に言って、戸惑っています。これまでの私の人生で、他人との関係を思い出すと、どれも悲惨なものばかりでした。

 中学では誰も私や私の机にさわろうとしなかったし、高校では女子グループにわざとヘンな化粧をさせられて笑われたり、放課後の図書室に外から鍵をかけて閉じこめられたりしました。

 席替えや班分けのたびに、「このなかに一人死んでほしい人がいるよね」などと嫌がられました。親との関係も悪く、「優等生」だった私が不登校になり、ひきこもりになると、しょっちゅう「お前は人生の落後者だ」と言われ続けました。

 だから「人を信じる」ということが私にとっては、とても難しいことになってしまいました。恋愛なんてもってのほか。私には縁がないことだと思っていましたし、世間の「恋愛第一」みたいな風潮に軽蔑すら抱いていたのです。

 だから、彼氏ができたとき、これからどうしたらいいのか、皆目見当がつきませんでした。

 そんなわけで、彼氏と信頼関係を築くまでには、本当にたくさんの困難がありました。私が「人はしょせんひとりだ」と主張してはケンカ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

30歳をすぎてわかった 不登校した私に必要だったことは

516号 2019/10/15

自分の不登校理由、どうしても見つかりませんでした

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...