不登校新聞

499号 2019/2/1

教育学者・大田尭さん、ご逝去

2019年02月01日 10:17 by shiko



 東京大学名誉教授で、都留文科大学長を務めた教育学者の大田堯さんが2018年12月23日、老衰のため、逝去されました。100歳でした。

 教科書検定制度をめぐって国を訴えた「家永裁判」では、原告側として法廷で証言しました。

 日本教育学会会長や日本子どもを守る会会長などを歴任するなど、長きに渡って、教育界の第一線で活躍されました。

 2011年には、自身を主人公としたドキュメンタリー映画「かすかな光へ」が公開。2013年には初の著作集となる『大田堯自撰集成』が藤原書店から刊行されています。

 『不登校新聞』創刊時より、論説委員を務めていただきました。心よりご冥福申し上げます。(『不登校新聞』編集部一同)

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...