不登校新聞

500号 2019/2/15

「不登校ならなおさら勉強しないと」そんな焦りから壊れてしまった私

2019年02月12日 17:35 by kito-shin



 2018年12月9日、東京都北区にてシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」が開催されました。(主催・全国不登校新聞社)。不登校経験者が、自身の進路などについて話したようすを抄録します。(編集・茂手木涼岳、協力・飯島章太)。

 * * *

 相良まこと(仮名)です。現在16歳で通信制高校1年生です。私は中学1年の4月末から学校へ行きづらいと思うようになりました。

 そのころから「パニック障害」の症状が出るようになったからです。授業中や合唱コンクールの最中にパニック発作になってしまい、学校に行くことがとても怖くなってしまいました。

 当時はパニック障害という病名は知らなかったので、なんだかわからない恐怖と戦っているような感じでした。

 その後、保健室登校を1年ほど続けましたが、パニック障害は治らないし、とにかく毎日が不安でした。その間、親やカウンセラーにいろいろ相談しました。

 ただそのころは、自分の気持ちが自分でよくわからなかったんです。まわりの言うことに従って生きることしかできなかった。だから「がんばって行きな、と言われたら、もうそれまでだ」と思っていました。

 ところが、カウンセラーは、「学校を休んでみてもいいんじゃない?」と言ってくれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...