不登校新聞

500号 2019/2/15

不登校になった自分の過去、20代になって整理できるように

2019年02月12日 17:27 by kito-shin



 2018年12月9日、東京都北区にてシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」が開催されました。(主催・全国不登校新聞社)。不登校経験者が、自身の進路などについて話したようすを抄録します。(編集・茂手木涼岳、協力・飯島章太)。

 * * *

 ザンヌ(仮名)と言います。今は大学3年生です。小学校1年生の終わりから3年間不登校でした。

 きっかけは、父親の暴力です。父はふだんは優しいのですが、かんしゃく持ちで、ちょっとしたきっかけでキレる人でした。小学校2年生のはじめごろから、ささいなことから父親に、強く足を蹴られ、数日ほどまともに歩けなくなりました。

 自分は人目をよく気にする子どもでした。このまま学校へ行くと「なぜ歩けないの?」と聞かれてしまう。それが恐くて、学校へ行けなくなりました。

 足が治ったあとも、がんばって学校へ行こうとしたんですが、登校してもクラスメイトの目が恐くて教室に入れず、保健室や職員室、図工室などにいました。

 3年生~4年生のころ、自分が別室にいると、担任の先生が自分の手をむりやり引っ張り、教室へ連れて行こうとしました。自分は泣きながら必死で抵抗し、結局、教室には行きませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

「不登校で人生が終わった」と思っていた私が経験してきたこと

549号 2021/3/1

不登校になるまで追い詰められた3つの理由

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...