不登校新聞

371号 (2013.10.1)

かがり火

2013年09月27日 11:54 by kito-shin


 東北の知人から「クルミゆべし」が届いた。クルミで思い出すのは、故渡辺位さんの「クルミの実」は自ら堅い殻を割って出てくるという話だ。

 クルミの実は、人の手で割るのがたいへんなほど殻が堅いが、大地に落ちたクルミの実は、まず殻から自然に芽を伸ばし根を出す。そして、無事に大地に根をおろした実は、茎を伸ばしてやがて大樹となり、また実をつけるようになる。

 一番大切なのは、まず大地との出会いであり、大地が水分や養分を保護する力があれば、クルミという生物としての成長が始まり、木に育っていく。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...