不登校新聞

501号 2019/3/1

「早すぎないか」と心配になる小学生からの不登校。親の対応について先輩ママがアドバイス

2019年02月22日 15:52 by kito-shin



連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.12

 最近は、不登校の親の会に、小学生の子を持つ親の方の参加が増えてきていると感じます。まだ小学生なのに学校へ行けなくなるなんて、字もよく書けないし、掛け算も割り算も覚えていないのに大丈夫かしら。友だちと元気に遊びまわりたい時期なのにと、親の心配は尽きないようです。

 中学生以上だとクラスに1人ぐらいは不登校のお子さんがいて、学校もある程度マニュアルがあることが多いです。しかし小学校だと学年に1人だったりして、学校側の対応もまちまちです。

 子どもが小さいと、車や自転車で親が学校へ送っていったり、先生が迎えに来たりと、登校させようと思えばできることもあり、かつては子どもがおびえるようになるまで登校刺激をしてしまうこともありました。

 親はどうしても学校へ行けない理由を知りたがりますが、本人が言葉で理由を説明するのはとても難しいことです。子どもが小さいなら、なおさらです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「夫が不登校を理解しない」逃げ場のない自宅で有効な方法とは

498号 2019/1/15

「学校へ行く」と言ったのに、朝、起きてこない子どもの本音

496号 2018/12/15

不登校は「お母さんのせいだ」子どもから言われ刺さった一言

493号 2018/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...