不登校新聞

501号 2019/3/1

「ゲームさえ止めてくれたら」子どもにそう思ったときに読んでみてください

2019年03月27日 12:48 by kito-shin



連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.6

 「子どもがゲームばかりして困っている」などの相談はよく受けます。しかし、私自身がゲーム好きなので、いつもこの質問にとまどってしまいます。

 では、子どもが没頭するゲームをどうしたらよいのか。心理カウンセラーの内田良子さんは「ゲームは命を守る浮き輪」だと言い、『不登校新聞』でも何度となくゲームを没収するという選択は安易に行なわないように、という記事が掲載されてきました。

 私も、ゲームをすることでかろうじて自分を保っている子どもを何人も目にしてきました。自分を保つだけでなく、ゲームを通して歴史好きになった、オンラインゲームで海外の人とやり取りしているうちに英語を話せるようになった、という話も聞きます。

 その一方で、ネットなどの一部の情報では「無理矢理にでも取り上げろ」「ゲーム依存症になる」といった強迫的で過激な内容も見られます。

 しかし、ゲームを取り上げたところで事態は、ほとんどの場合、よくなりません。そのことを多くの保護者は、よく理解されているようです。

 にもかかわらず、強制的にゲームを奪うことに一定の支持があるのは、それほどゲームに苦しんでいる親が多いからだと思います。「せめてゲームさえやめてくれたら……」その思いは、まるで「せめて学校にさえ」という思いのようです。

 私はゲームと不登校の捉え方に類似性があると思っています。そこで、不登校支援に関する文科省通知の一部を「ゲーム」に置き換えてみました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「少しだけでも学校へ」の一言が地雷、登校圧力はなぜリスクなのか

506号 2019/5/15

不登校だと成績表はどうなるのか、意外と知られていない評価の仕方

505号 2019/5/1

親も教師もカン違いしています。子どもが学校を休み始めたら「もう限界」なんです

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...