不登校新聞

501号 2019/3/1

「ゲームさえ止めてくれたら」子どもにそう思ったときに読んでみてください

2019年02月22日 15:06 by kito-shin



連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.6

 「子どもがゲームばかりして困っている」などの相談はよく受けます。しかし、私自身がゲーム好きなので、いつもこの質問にとまどってしまいます。

 では、子どもが没頭するゲームをどうしたらよいのか。心理カウンセラーの内田良子さんは「ゲームは命を守る浮き輪」だと言い、『不登校新聞』でも何度となくゲームを没収するという選択は安易に行なわないように、という記事が掲載されてきました。

 私も、ゲームをすることでかろうじて自分を保っている子どもを何人も目にしてきました。自分を保つだけでなく、ゲームを通して歴史好きになった、オンラインゲームで海外の人とやり取りしているうちに英語を話せるようになった、という話も聞きます。

 その一方で、ネットなどの一部の情報では「無理矢理にでも取り上げろ」「ゲーム依存症になる」といった強迫的で過激な内容も見られます。

 しかし、ゲームを取り上げたところで事態は、ほとんどの場合、よくなりません。そのことを多くの保護者は、よく理解されているようです。

 にもかかわらず、強制的にゲームを奪うことに一定の支持があるのは、それほどゲームに苦しんでいる親が多いからだと思います。「せめてゲームさえやめてくれたら……」その思いは、まるで「せめて学校にさえ」という思いのようです。

 私はゲームと不登校の捉え方に類似性があると思っています。そこで、不登校支援に関する文科省通知の一部を「ゲーム」に置き換えてみました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校にとって卒業式とは学校との距離感が視覚化される行事

500号 2019/2/15

大人の大半が眉をひそめても、私がゲームを疎かにしない理由【フリースクール代表の方法】

499号 2019/2/1

不登校のわが子、いつまで待てば、フリースクール代表の「待ち方」

498号 2019/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...