不登校新聞

501号 2019/3/1

不登校はしませんでしたが就活で挫折 大卒後6年ひきこもった私の今

2019年02月22日 15:17 by kito-shin



 松原ゆきこさん(仮名)は就職活動を機にひきこもった経験を持つ。「明るい私」を演じ続けていたと話す松原さんが感じた就活特有のつらさとは何だったのか。

 * * *

 私は大卒のひきこもりだ。不登校にはかろうじてならなかった。しかしそれは、「明るく楽しい私」という存在を学校でも家庭でもムリヤリ演じたことで、なんとかやりすごした結果だ。

 私の両親は不仲で、しょっちゅう衝突していた。それが原因で私は周囲の人の顔色をつねにうかがい、「自分がガマンしても、みんながおさまるのなら」と、本来の感情や意志をおさえつけ、自分を演じていたのだ。当然、そんな自分が私は嫌いだった。

 なんとか大学まで行った私がひきこもった理由は、シンプルに言えば就職活動でつまずいた、それにつきる。就活を始める前から、いくつかの資格を取得し、就活に臨む気持ちは人並み以上にあるつもりだった。

 しかし、いざ就活を始めてみたら、とにかくつらくてたまらなかった。就活で必ず問われる「自己分析」、「志望理由」、そして自分の将来を考えることを通じて、「ずっと自分を演じていたこと」があらためてわかってしまったからだった。

誇れるものが何もなくて

 自己分析は、自分が嫌いでしかたないのに自分と向き合わねばならないことがひたすらに苦痛だった。私には誇れるものが何もなく、ただただ、短所ばかりが思い浮かぶだけだった。

 志望理由は自分が何をやりたいのかが、いくら考えてもわからなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたのためを思って」その言葉、本当は誰のため?

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

502号 2019/3/15

不登校になった自分の過去、20代になって整理できるように

500号 2019/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...