不登校新聞

371号 (2013.10.1)

拡大版声「親だってつらい」

2013年09月27日 12:33 by kito-shin

拡大版・声「親のキモチって」後編



親だってつらい

 
 息子は8歳。生まれたときは将来が楽しみで期待していた。でも不登校になり、息子に寄り添うことに決めた。息子はいま、ひきこもりである。勉強を促してみるがうまくいかない。
 
 私は小学校入学時より、筆を持ち始めた。途中、筆を置いたが、ふたたび筆を手にしようとしたとき、息子がひきこもり始めた。ただでさえ、主婦は忙しい。「お母さん、トイレ」「お腹がすいた」と、自分の趣味に興じる暇もない。子育てとは、こういうものだ。だからといって、子どもを持ったことを後悔していない。息子を通じ、多くの人と出会えたこと。これはいままで孤独だった私にとってすばらしいことだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...