不登校新聞

190号(2006.3.15)

子どもが笑顔を取り戻せる居場所を カマクラ「くるみの森」

2019年03月07日 16:54 by shiko

 カマクラ「風の谷」(親の会)がやっと(?!)子どもたちのもうひとつの居場所を開きました。

 2年ほど前から鎌倉市の教育センターを中心に「子どもの居場所をつくろう」という話し合いが続けられ、民間から「風の谷」の私たちもそれに加わってきました。

 集会を開いたり、学習会に不登校を経験した方々に来ていただいたり、流山シューレに見学に行ったり、教育センターの方々が「風の谷」の例会に欠かさず参加されたり。 

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「生きていていいのかな」経験者が語るひきこもりの本音【書籍紹介】

530号 2020/5/15

なかなかあらたまらない旧通知 不登校の歴史vol.530

530号 2020/5/15

かがり火

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...