不登校新聞

190号(2006.3.15)

映画「STEVIE」から学ぶ 周囲の理解と手助けの重要性

2019年03月07日 17:14 by shiko


 2002年に製作された映画「スティーヴィー」が現在、都内で公開されている。加害者について考える重要性を、あらためて考えることのできるドキュメンタリーである。

 監督のスティーヴ・ジェイムスは大学時代、ボランティアとして、当時11歳のスティーヴィー少年のビッグブラザーとなった(※登録者が、児童虐待、貧困、不登校、家族のトラブルなど、「リスクを抱えた」少年少女のサポートをする制度)。

 スティーヴィーの母は、彼が生まれてまもない時期から虐待をくり返し、スティーヴィーは暴力から逃れるために、児童養護施設や親戚の家を転々とさせられる。

 荒れるスティーヴィーと出会い、「できるかぎり、彼に手を貸さねばならない」と思ったジェイムスだったが、数年後、映画の夢を実現するためにシカゴに引っ越してしまう。

 ジェイムスは罪悪感を感じながらも、それ以降スティーヴィーと連絡をとることはなかった。

 映画監督となったジェイムスは10年ぶりに帰郷。スティーヴィーと再会を果たすが、24歳になった彼は軽犯罪を繰り返す青年になっていた。

 音信不通となっていたあいだに、何があったのか。ジェイムスは、現在の彼を理解しようとカメラをまわしはじめる。

 その過程、スティーヴィーは親戚の少女に性的虐待を加えたとして罪に問われてしまう。いくつかの証拠や証言から、事件が起きたことは明白だった。

 揺れる家族とジェイムス。また、撮影が進むなかで、母からの虐待のほかにも、スティーヴィー自身が過去に性的虐待を受けていた事実が明らかになる。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...