不登校新聞

190号(2006.3.15)

「好きなものは好き」小3で出会ったデコトラの魅力

2019年03月07日 17:19 by shiko
2019年03月07日 17:19 by shiko



 好きなものは好き。けれども、その良さを、他人はなかなか理解しないことも多い。今回、書いてもらったOさんもそんな経験を持つ一人。Oさんの好きなデコレーショントラックについて、自分でつくったデコチャリについて、執筆いただいた。

 * * *

 僕がデコトラに興味を持ち始めたのは、小学3年生のころからです。おもちゃ屋さんに行ったとき、ギラギラしたかっこいいトラックのプラモデルに目が止まりました。

 そのプラモデルは「デコトラ」と書いてありましたが、そのときは、どういう意味かわかりませんでした。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

624号 2024/4/15

『不登校新聞』のおすすめ

623号 2024/4/1

編集後記

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…