不登校新聞

190号(2006.3.15)

読者の声「言葉よりほしいもの」

2019年03月07日 17:24 by shiko



 「言葉」って、ときどきいらないことがある。たとえば今だって、心のどこかに、まとめたい思いや伝えたいことが雲みたいになんとなく漂っている。

 こんなにもどかしい今私がほしいのは、ただ飾るための言葉じゃない。この果てしない心のなかに手を差しのべられる空間がほしいのだ。

 無心になればなろうとするほど、私はますます言葉なんてそっちのけになってしまう。

 そしてより自前のひらめきや直感、瞳や耳の奥に灼きついた一瞬の感触、それらをひとつかみに重ねあわせて、ほどよくわきたってきてやっと、外からの「言葉」に押しつぶされずに、「まず自分自身に伝えたいこと」ができあがる気がする。

 なんだかそれを頼りに「私」がここまで生きのびられてきたのかな、と今になって感じる。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...