不登校新聞

190号(2006.3.15)

知的障害者に虚偽の自白強要 日弁連が警察などに警告

2019年03月07日 17:31 by shiko

 栃木県宇都宮市で、重度の知的障害を持つ男性(当時53歳)が、連続強盗の容疑で不当に逮捕・起訴され、その後無罪が確定した事件で、日本弁護士連合会(梶谷剛会長)は2006年3月1日、警察庁と最高検察庁、栃木県警、宇都宮地検に対し、「男性に対し重大な人権侵害があった」などとする警告を出した。

 男性側は、「知的障害を知りながら虚偽自白を強要された」として、05年4月、日弁連に人権侵害救済の申し立てをしていた。「警告」に法的拘束力はないが、日弁連の出す「要望」「勧告」「警告」のなかでは、最も重い措置となっている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...