不登校新聞

190号(2006.3.15)

知的障害者に虚偽の自白強要 日弁連が警察などに警告

2019年03月07日 17:31 by shiko

 栃木県宇都宮市で、重度の知的障害を持つ男性(当時53歳)が、連続強盗の容疑で不当に逮捕・起訴され、その後無罪が確定した事件で、日本弁護士連合会(梶谷剛会長)は2006年3月1日、警察庁と最高検察庁、栃木県警、宇都宮地検に対し、「男性に対し重大な人権侵害があった」などとする警告を出した。

 男性側は、「知的障害を知りながら虚偽自白を強要された」として、05年4月、日弁連に人権侵害救済の申し立てをしていた。「警告」に法的拘束力はないが、日弁連の出す「要望」「勧告」「警告」のなかでは、最も重い措置となっている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...