不登校新聞

190号(2006.3.15)

かがり火

2019年03月07日 17:40 by shiko


 
 島根県隠岐の島の春、15歳の少年が乗った船がゆっくり岸を離れ、見送る友と笑顔で叫びあううち港がだんだん遠くなり、ピントがぼけていくように風景がにじむ。

 少年は生まれ育った集落に目を向け思わず身を乗り出した。入り江に面した彼の家の前で、祖父が大きな大漁旗をかかげて風の中に立っていた。風まだ寒いデッキの上で少年はひとり泣き、かならず島に帰ろうと決意した。

 教育委員会に招かれて講演に訪問した隠岐の島町「町勢要覧隠岐ブルー」にこんなエピソードが書かれている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...