不登校新聞

190号(2006.3.15)

かがり火

2019年03月07日 17:40 by shiko


 
 島根県隠岐の島の春、15歳の少年が乗った船がゆっくり岸を離れ、見送る友と笑顔で叫びあううち港がだんだん遠くなり、ピントがぼけていくように風景がにじむ。

 少年は生まれ育った集落に目を向け思わず身を乗り出した。入り江に面した彼の家の前で、祖父が大きな大漁旗をかかげて風の中に立っていた。風まだ寒いデッキの上で少年はひとり泣き、かならず島に帰ろうと決意した。

 教育委員会に招かれて講演に訪問した隠岐の島町「町勢要覧隠岐ブルー」にこんなエピソードが書かれている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...