不登校新聞

190号(2006.3.15)

かがり火

2019年03月07日 17:40 by shiko


 
 島根県隠岐の島の春、15歳の少年が乗った船がゆっくり岸を離れ、見送る友と笑顔で叫びあううち港がだんだん遠くなり、ピントがぼけていくように風景がにじむ。

 少年は生まれ育った集落に目を向け思わず身を乗り出した。入り江に面した彼の家の前で、祖父が大きな大漁旗をかかげて風の中に立っていた。風まだ寒いデッキの上で少年はひとり泣き、かならず島に帰ろうと決意した。

 教育委員会に招かれて講演に訪問した隠岐の島町「町勢要覧隠岐ブルー」にこんなエピソードが書かれている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。