不登校新聞

371号 (2013.10.1)

不登校の親インタビュー「小2で突然の不登校宣言」

2015年01月19日 10:36 by kito-shin


 今回のインタビューは長野県に住む母親ににお話をうかがった。息子さん2人のうち、兄が小学校時に不登校。

不登校の親インタビュー「小2で突然の不登校宣言」



――まずは不登校当初のようすをお聞かせください。
 長男の不登校は小学2年生からです。最初は友だちとのトラブルが原因だったので、先生も交えて話し合いをしました。もちろん不登校になるとは思っていませんでした。ただその後、何度も行きしぶりがあり、急に「学校は必要ない」って本人が宣言したんです。この地域では、ほとんど不登校はいませんでしたし、そもそも「学校が必要ない」ってどういうことなのか、さっぱり意味がわからない。何度かの押し問答のあと「とにかくイヤだ」という気持ちをいったん受けいれることにしました。家にいるあいだは知り合いの塾の先生にお願いして、勉強だけはしてもらうようにしましたが、学校に「行け!」というオーラはずっと出してたみたいです(笑)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...