不登校新聞

345号(2012.9.1)

ひきこもり名人が行く 全国巡礼ツアーin松江

2013年03月09日 11:07 by kito-shin

「ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin松江」
~ひきこもり名人・勝山実さんを囲んで~

島根県松江市にあるNPO法人「YCスタジオ」が9月16日、連続学習会「ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin江」を開催する。
生きづらさを抱える若者のありのままを肯定し、もう一つの生き方を模索するために昨年から取り組んでいる学習会で、今回で4回目。
講師を務めるのは、自称「ひきこもり名人」の勝山実さん。現在、本紙3面のコラムでも執筆いただいている勝山さんは、高校を中退して以降、20年間ひきこもっている。『ひきこもりカレンダー』に続いて出版された勝山さんの新著『安心ひきこもりライフ』(太田出版)は精神科医・斎藤環さんが「じつにけしからんが、必読」と評した一冊。ユーモアかつひきこもることへの覚悟など、独特の語り口が全国各地の親の会でも好評で、夏の全国合宿では2年連続で講師を務めている。
「超安全のエコ生活はひきこもりである」、「格差社会を生き抜く知恵」など、ひきこもり当事者ならではの指摘をもとに、ひきこもりの理解について考え深める。詳細はお問い合わせを。

日 時 9月16日(日) 午後1時半~
会 場 松江市市民活動センター
     スティックビル1F音楽スタジオ(松江市白潟本町43番地)
参加費 無料
主 催 NPO法人YCスタジオ
共 催 松江市教育委員会、音楽&ものづくりスタジオ実行委員会
連絡先 0852-25-9592

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...