不登校新聞

503号 2019/4/1

登校拒否を考える会が35周年

2019年04月01日 10:26 by kito-shin



 以前は、「不登校」を「登校拒否」といった時代があった。1984年、登校拒否の子どもと親たちで集まって、不登校についての悩みや不安、親子の関係、学校との関わりなど何でも話し合う場「登校拒否を考える会」を始めた。

 1年半後、この会の協力で東京シューレが生まれ、6年後、全国ネットワークが誕生することになった。全国ネットの協力で、本紙『不登校新聞』も創刊となった。

 今も「登校拒否を考える会」は続いている。私は、親の会があったことの意義は大きいと感じている。不登校を否定的に見る人が多い国のなかで、わが子が不登校という状態は、親にとっても受けとめにくく、孤立しがちだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...