不登校新聞

503号 2019/4/1

「履歴書にはガッツリ空白」6年間、不登校だった私の就活でホメてきた会社

2019年04月01日 11:18 by kito-shin



 今回執筆した不登校経験者(20代・女性)は、就職活動の際、不登校経験があるという理由で心ない対応をされた。不登校からの就活について、思いを書いていただいた。

* * *

 私は中学2年生から6年間、不登校をしていた。その後、高卒認定を取得し、大学に入った私は、この春から社会人になる。

 しかしその前に、どうしても『不登校新聞』で書かせていただきたいことがある。就職試験での、忘れられない出来事だ。

 それはある自治体の、最終面接試験のことだった。私は志望動機や自分の長所を一生懸命、話した。

 しかし、面接官は私が何を言っても「あなたは、高校を2回も退学してるのね。不登校だったの?」、「働いてからも、また不登校みたいになるんじゃない?」と言って会話が終わってしまう。「不登校歴」が面接の中心となり、私の話に聞く耳を持ってくれないのだ。

 「じゃあなんて答えたらいいんだ」。

 そう思いながらも、笑顔で答え続けた。私は必死に話した、でも心はズタズタだった。そして結局、話は戻る。

 「もし、就職して仕事に行きたくなくなったらどうするの? また休むの?」。さすがに頭に来た。

履歴書の空白は戻せないのに

 私だって、就活を始めたときから、不登校のことを聞かれる覚悟はしていた。でもまだ働いてもいないのだ。ここまで言われなければならないのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

高校中退で“人生詰んだ”高認という選択肢で僕は救われた

508号 2019/6/15

「母に包丁を向けた日もあった」不登校だった私が平穏を取り戻すまで

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...