不登校新聞

503号 2019/4/1

「明日からはきっと大丈夫」娘が送った不登校からの中学生活

2019年04月01日 10:28 by kito-shin



連載「不登校からの母親日記」vol.10

 4月。少し緊張した表情の娘は、真新しいセーラー服を着て中学の入学式に参加した。正面玄関前には、クラス名簿が貼り出されており、私はドキドキして娘の名前を探した。

 娘の希望どおり、なかよしの友だちといっしょの「5組」に名前があり、苦手な友だちとは別々のクラスになっていた。相談室の先生に心から感謝した。

 まだ肌寒い体育館での入学式。校長先生の式辞、上級生のぼそぼそと唄う校歌が聞こえるなか、「どうか明日からも登校しますように」と祈るような思いだった。

 式後、クラスに移動すると、担任の男性教師は「生徒の気持ちを大切にする」と話していた。娘は、背中をシャンと伸ばして先生の話を聞いている。

 雲間から薄日が差してきたように思った。たぶん明日からも大丈夫なんじゃないか……。

 新しい教科書。新しい友だち。初めての部活動。何もかもが新鮮で、娘は元気を取り戻し中学校に登校し続けた。

 なかよしさんから同じ塾に通うことを誘われ、娘はその気になり授業と部活の後に塾にも通った。よかった、悪夢は終わった。やっと「ふつう」になったと胸をなでおろした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学校も休みがちに【不登校からの母親日記】

504号 2019/4/15

「行こうと思う、けど行けない」葛藤する娘の心の変化とは

502号 2019/3/15

娘とふたりで学校にけじめをつけに行きました【不登校と卒業式】

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...