不登校新聞

503号 2019/4/1

「4月から学校へ行くよ」と宣言、子どもの背景にある2つのパターン

2019年04月01日 10:26 by kito-shin



連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.7

 新年度になりました。お子さんから「4月からは行くよ」と言ってもらえた保護者の方は少なくないのでは、と思います。

 あるいは、何度となく「行くよ」と言われては、うまくいかず、どう捉えてよいのかモヤモヤしている方もいるかもしれません。

 今回は、そんな「4月からは『学校へ行く』と言われたら」どうしたらいいのかを、考えてみたいと思います。

子どもの心境は

 まず、子どもが「行くよ」と言うとき、そこにはどんな背景があるのでしょうか。もちろん、一人ひとりちがいはありますが、今回はふたつのパターンに分けてみました。

 ひとつ目は、覚悟をもった「行くよ」です。たとえば、中学3年になって高校進学のために出席や成績が必要だとか、悩み抜いた結果、登校再開を決意するというものです。

 決意をするというのは、新たな学校生活への楽しみや希望ばかりではありません。今を乗り切れば苦痛が終わると信じていればこそ、何とかつむぎだした一言ではないか、と思います。

 ふたつ目は「4月までは休むことを許してほしい」という意味の「行くよ」です。学校を休むこと自体に抵抗感があったり、保護者のようすを見たりすると、かんたんに「休ませて」とは言えません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の人が毎朝、起きる時と起きない時の心境

524号 2020/2/15

子どもの気持ちが解らない時こそ「子どもを信じる」という方針を

523号 2020/2/1

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...