不登校新聞

189号(2006.3.1)

ひといき

2019年03月28日 10:57 by shiko



 家族って何だろう、と思った。

 ひとり暮らしをするようになり、家族と距離がとれたことで、少し素直に家族と話せるようになった気がした。

 家族、というなかに生活が丸ごとあると、とても苦しい。一番身近だから、何でもわかってくれるようで期待して、かえってこじれてしまう。それが、離れてみられるようになり、寂しさと同時にすっきりした。

 そうしたら今度は、自分たちの子どもが産まれてくることで、自分が別の家族をつくっていく。なんとなく、家族という「しがらみ」をつくっていくような気がした。家族という箱を。

 とりあえず今は、細かいことは考えず、お腹から出てくる彼を待っているのだけれど。(大阪編集局・町田道代)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...