不登校新聞

189号(2006.3.1)

「子どもはどうなるの!?」集会 不登校の歴史vol.189

2019年03月28日 10:56 by shiko
2019年03月28日 10:56 by shiko



 「誰にでも起こる登校拒否」という認識転換を盛り込んだ1992年3月発表の「学校不適応対策調査研究協力者会議」の報告書に対し、「登校拒否を考える市民連絡会」は、さっそく集会を開いた。市民連絡会としては第3回の大きい集会であり、3月14日、日本教育会館の会場は、多くの人で埋まった。

 内容も豊富で、パートⅠは奥地の司会で、永井順国氏の講演と会場からの発言、パートⅡは「がっこの会」の渡辺淳氏の司会で、永畑道子、山下英三郎、内田良子、石川憲彦、石井小夜子諸氏登場のシンポジウム、パートⅢは、5つの分科会(文部省行政、相談学級や諸施設や医療、家庭での対応、学校とのつきあい方、居場所やたまり場・子どもと語ろう)に分かれて登校拒否についてディスカッションするというもので、午後1時半より8時まで、もりだくさんの内容だった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…