不登校新聞

345号(2012.9.1)

不登校の歴史 第345回

2013年08月19日 12:06 by kito-shin



「『休む』ことと在宅で育つこと」 

学校がある日、子どもが長期、家にいる。それを「学校を休んでいる」と意識する人もいれば、「ホームエデュケーション、ホームスクーリングで育っている」と意識する人もいるだろう。


どちらも認められるべきだし、そのあり方での「いま」を否定されてはならない。ただし、どちらにしても、現行の日本の教育制度のもとでは、小中学校9年間は、親の就学義務があるので、その子の籍は、どこかの学校に置いておかなくてはならない。

この二者のちがいは「学校」という軸に対する意識のちがいから生まれる。「休んでいる」は、学校に通うことが軸になっていて「現在は通わないで家にいる」、または「休息が必要である」という意識のときに使われる。

これに対し、ホームエデュケーション・ホームスクーリングは、学校ではなく、家庭が軸で、家庭をベース(拠点)に育っていく、学んでいく、という意識のときに使われている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...